2011年02月26日

12ワンニャンず〜病める面々

東丹沢某所、雑木林の中にある実家で、9匹の猫s+3頭の犬sに会ってきました。
コミュニケーションの練習。。。

ここのワンニャンず、元気なのは数えるほど・・・

みんな病気がちで、眼力が弱く、覇気がない。。。10年ちかく一度も人に触らせない警戒心の強い子や、脱・猫宣言(?)して犬小屋で暮らしている猫もいれば、12頭身くらいに膨れ上がって殆ど活動しない子もいます。

こんなに 自然に恵まれた 好立地なのに、ナゼ???

一番長老猫(14♂)からは、飼い主とこころが通じてない悲痛な訴えを、
そして、長老犬(たぶん10♀)からは、東の平野から吹き上がってくる汚れた風と、癒されたことのない寂しさを、
周りの木々(原生)からは強い縄張り意識?と枝打ちされて放置されている仲間の屍(ハンパない量!!)の怒りを、受け取りました。

うぅぅ……もうやだ〜(悲しい顔)それぞれ深刻な訴えで、なんだかネガティブの巣窟みたい。。。

取り敢えずできること…、長老猫の爪切り(初めてだって?!)。←おとなしく膝に乗っていることに実家の母ビックリ。。ついでにEFT。
長老犬には、元気だったコドモ時代の呼び名で語りかけ、暫くハグしていました。

受け取るだけで精一杯で、癒す力のない自分が小さく小さくそこにいました。
まだまだ道のりは長いなぁ。アニマルコミュニケーション。。。

2011年02月21日

。。カラダは正直です。。


実は 某整形外科の理学療法室にお手伝いに行ってます。
…午前中だけ。

患者さんは、主に低周波などの電気治療を受けにいらっしゃるのですが、「良くならない…」つぶやきつつ、「電気は気持ちいいから」と、毎日のように根気良く通っていらっしゃいます。
…気持ちいい、と感じることも体への恩返しかもしれません。

色んな方がいらっしゃいます。
ある女性、今以上に太りたくないから…と、きゅーきゅーに締めつけられたカラダからは痛々しい悲鳴がきこえます。
血が巡らないんだもん、脚も腰も肩もガチガチのパンパンで、私の方が胸が苦しくなります。

カラダはコントロール(征服)しようとしても、難しい。対話して和解する。
痛みの原因を探り、ピンポイントで痛み止めの注射打ち、電気で血行促進することが最善策とは、どうも思えないのです。

医療現場ですので、我流に走らないように最大の配慮しつつ「カラダは正直ですね」「少し休めって教えてくれてるんですね」など、せめて声をかけながら吸盤型の電極をつけてゆきます。
カラダは温めて血巡り良くしなきゃ、本来のエネルギー(気)が通らない。。。声の大きさに気をつけながら呟きます。
敏感に感じ取る患者さんもいて、数回通ううちに温めのコツなど掴み「最近ずいぶん良くなった」と喜んでくださったりもします。

しかめっ面の方には無駄に(?)明るいご挨拶で向き合います。
「眉根が緩むとココロが緩む。ココロが緩むとカラダが緩む」。
「うー」の口するより、「いー」の口したほうが 気の流れがスムーズです。。

オトナになると、心も体もムチ打つばかり。。誰も褒めても労ってもくれなかったりします。
自分の身体にすら「いつまで痛いんだ! この腰めっっ!!」なんて、責め句を浴びせたり。
かわいそうに。。。。
ささやかだけど、「おつかれさま。ちょっと休もうね。。」心の声をかけつつ、ぽちぽち電極を貼り付けています。

カラダは正直。。。つくづく思う。
私は、痛みや不調を感じたら 薬品で鎮める前に まず「感謝」。
…ちゃんと訴えてくれてるんだから。
痛くなるまで気づかなかった、教えてくれてありがとう。。。

うーん。。。。みんなEFTやったらいい!!
posted by amico at 17:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月17日

フタを開けましょう!!〜すごいぞヒプノセラピー〜

2月11日(金)〜13日(日)
《エリクソン催眠・催眠アニマルコミュニケーション》
東京講座 全三日間を受講しました!!

昨年7月に《エリクソン催眠》初級・中級 東京講座を、
10月に 上級 大阪講座を受講し、今回は再受講です。

受講生でペアを組んで、セラピストとクライアント役に
なって行うワークショップ。

 一日目:初級・暗示による治療
     中級・ハイアーセルフ
       ・未来催眠
 二日目:EFT
     上級・インナーチャイルド
       ・退行催眠(過去世)
 三日目:上級・幼児退行
       ・胎児退行
       ・催眠アニマルコミュニケーション

…とても三日間のプログラムとは思えない!
実際、コテコテに(?)濃厚だったんです。。。

今回は、新しく追加された誘導のスクリプトがありました。
ちょっと読んだだけでは何だかピンと来なかったんですが、
これが 誘導される時には無意識の領域にちゃんと響いて
るんですね。。。不思議。

。。。前回受講したときは、クライアント役で誘導されて
も、何となーくイメージを感じるだけで、殆ど何も見えず
焦りとモヤモヤが一杯でした。
でも、今度は判りましたよー(^^)ヤット!!
…何がって「見えるってどういうことか」がです。
催眠状態で「見える」ものは、お目目を開けて見る普段の
ヴィジョンではなく「浮かぶ」「感じる」ようなもの。
「見える」タイプ、「聞こえる」タイプ、「感じる」タイ
プ……三者三様、十人十色らしいのですが、私は「感じる」
タイプ。感じる…よりも「受け取る」といった方が的を得
ている感じです。
 
〔ハイアーセルフ〕〜〔未来催眠〕
内なる神…大いなる存在〜悟り〜の領域
『ハイアーセルフ』に逢います。
今回逢えたハイアーセルフは、とても「強い光」でした。
そして、光の中に 小さくて黒い箱が一つ。
私自身の胸の中にも 同じような箱が3つ。。。
その箱を開けて中にあるものを解放するのが、
今世の目的だと 教わりました。
何だか漠然としてますが、さて そのココロは…??
箱の開け方は…「アタマで考えるのをやめればよい」と。
…イタタタ、です(^_^;)
そして、未来…月の見えない夜、
独りでいることの怖れを手放し、
ただただ満たされた 70歳くらいの私がいました。


〔インナーチャイルド〕〜〔過去世退行〕
内なる自分…一緒に転生を繰り返す、傷ついた小さな存在
『インナーチャイルド』を癒し、過去世へ。
前回、あっという間にちっちゃくなって お腹の中に吸い
込まれてしまったインナーチャイルド。
今回はゼリー状のモチモチの中に黒い塊…
…生物の教科書で見た「細胞」みたいな
「くず餅」みたいな形で現れました???
その中に入って更に感じると…
…なんと、そこは息子の存在(無意識)の中なのが
判りました。
メッセージ、贈り物、受け取った物は筆舌につくしがたし!!です。
過去世で、また息子が別の存在で現れ、
飼っている猫も別の生き物として寄りそって生きていたことを知りました。

今世かかえている色んなものが、遠い過去から繋がってい
るのでした。

〔幼児退行〕〜〔胎児退行〕
今の自分にもっとも影響を与えている幼かった日の場面。
お母さんのお腹の中で感じていた喜怒哀楽…。
今の自分のトラウマを根源から解放することができます。
今回はココロに棘のように刺さっている「言葉」たちを、
たくさん感じました。
お道化てやり過ごしていた幼い自分は、
今まさに息子に現れているのビックリ(◎_◎)))


〔アニマルコミュニケーション〕
トランス状態で、なんと!!現れた「猫バス」に乗って、
ペットに逢いに行くんです(((^o^)
「白い雲」に乗って…のヴァージョンもw
これも、素晴らしい誘導のスクリプトのおかげで、受講生
は100%の成功率だったようです。
今のペットさんとのコミュニケーション、行方不明の子や
他界してしまった子とのコミュニケーション……みなさん
いろいろに感動体験です。
「感じる」派の私でも、ビジョンがハッキリ…
…ホント感動です!

コッテコテに濃い三日間のワークショップを終えて、未だ
興奮さめやらず。。
自己鍛錬、実践練習会、モニターセッションなど経験を
積んで、「世のお役にたてる日」をポジティブに創造中の
このごろです。。

この学びの機会を巡り合わせてくれた大いなるものに、
この素晴らしいツールを教授くださった先生に、
一緒に学びを深めた受講生のみなさんに、
 たくさんのを「感謝」として贈れたら……ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

すべての答えは自分の中に。。。
       。。。さあ、ふたを開けましょう(^.-)☆
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。