2011年03月06日

盟友〜Kanzoe(猫) その2

あれから14年。。。
今では私もすっかり一児の母、タバコは卒業して数年たち、お酒も晩酌少々ていど。
いっちょまえに(?)人さまの心と体のお役に立とうという仕事すら始めている。。。

転職したり、嫁いだり、出産したり、離婚したり、その度に引っ越したり よくついて生きてきてくれた。
かんぞぇの引越しは なんと7回!! ネコ族のキャパを超えてないか?!
それでも、いままで病気ひとつしないで、本当に芯の強い子だ。

その かんぞぇ(14才)が、突然 ご飯を食べなくなった。
大好きなマグロをすり身にしても、盗んでまで食べた鳥肉ですら匂いも嗅がない。
水ばかり、ただ水ばかり。。。
SN390520.jpg
ネコ族は、体調が回復するまでジッとしてる。と聞いて育った。
かんぞぇの自己治癒力を信じよう。

……始めたばかりのアニマルコミュニケーション。
かんぞぇの心に問うてみても「だいじょうぶだから…」ただそれだけ。
なんど問うても「だいじょうぶだから…」

4日待った。やせ細っていく。目ヂカラがない。。。

      ……限界!! もう待てない!!

病院へ連れて行った。
診察台に乗せても抗うこともない。私の腕に寄りかかったまま。
  採血 → 黄疸がみられる
  白血球 28500/μL
  アンモニア 209μg/dL
  腹水
  腸内ガス過多
(シロウトには良くわからない。。)
 ・胆管肝炎
 ・肝リピドーシス
 ・猫コロナウィルス感染症  などが疑われる。
これ以上絶食が続くと、膵炎発症。。。甲状腺機能亢進症。。などなど
医師からのいろいろな言葉がアタマの中を特急で通過していった。

  医師「入院させたほうがいいですね」

  えっ? 一緒に帰れないの??……まっしろになった。

最低3日間は、病院で栄養補給。
たったの3日間が、一緒に過ごしてきた14年間と同じくらいの長さに感じる。

その夜、息子と相談した。息子は かんぞぇを「Kanネェちゃん」と呼ぶ。
「ただ心配ばかりしてると、Kanネェちゃんも気にしちゃうね。」
「じゃ私たちは、いつも通りやれる事を一生懸命やろう。」
「それがKanネェちゃんへの応援だね。」

地域のイベントで、息子は保育園の仲間たちと手話で歌を歌った。『エール』。そのままKanネェちゃんへのエールになった。
私は太鼓を叩いた。叩きながら、強く強くかんぞぇの元気を祈った。

  まだまだ、一緒に過ごしたい時間がたくさん待ってるよ、かんぞぇ!!
  元気で帰っておいで!!


posted by amico at 17:08| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック