2012年01月10日

野山からのメッセージ

こんにちは


新しい年 2012年 が 幕をあけて

10日になりました


年の初めに 抱いた望みを 誰しもが

より強くイメージして かたち作ってゆく


今年は いつになく そんな潜在的な力が強いように感じます



私は 前回の記事によせたように

「地に生きる者」として あるべくしてか

なんだか 野山を歩きたくて ウズウズした毎日を送っています



年明けには 地元 丹沢の大山「阿夫利神社」を参詣がてら

山みちの空気を胸いっぱいに・・・


写真は 下社へ向かう女坂の途中「大山寺」の 龍 たち

SN3N0663.jpg SN3N0666.jpg

SN3N0664.jpg SN3N0665.jpg



そして 昨日は 家から程近い

日向薬師から 日向山 へ・・・・・・


SN3N0698.jpg 登りは 道草を楽しみ 40分もかけて日向山頂へ


SN3N0699.jpg 「おいでおいで」してくれる

SN3N0704.jpg 春待ち焦がれる“新生”する力
馬酔木のつぼみ


SN3N0700#.jpg 立ち枯れの木には “再生”する力



西に傾きかけてきた柔らかい陽射しの中で 目をとじて立つと

自分も山に生きる一本の“小さな木”になったような感覚に・・・



「地に生きる者」



心に 深く 誇らしく

この言葉が こだまする気がしました





今日も最後までお付き合いくださって ありがとうございます




posted by amico at 01:37| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いつもお世話様。コルセットを少しはずすようにしようかと思っています。

「野山からのメッセージ」を読んで、日向薬師から日向山のコースは子供が小さい頃よく行ったことを思い出します。日向薬師周辺は撮影ポイントとしても大好きなところで写真集にもたくさん載っていると思います。

写真集ゆっくりみてくださいね。お気に入りの写真があるようでしたら教えてください。

私は来週、青森の方へ雪景色を撮りに行く予定なので医院の方へは行かないと思います。腰あてを持っていこうと思います。

スタッフの方々にも機会があったら見せてあげてください。

それではゆっくりゆっくりご覧ください。

Posted by 森 義晴 at 2012年03月01日 21:51
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/245258294

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。