2011年06月14日

いつもはじまっている……    〜kanzoeに教わったこと

一週間前
2011年6月5日(日)
一年間を息子と愛猫と共に過ごした家をあとにした。

遡り
2011年3月11日 東日本大震災
   …14時46分、宮城県沖を震源とするM9.0 巨大地震と津波
私達の暮らす厚木も震度5弱の揺れにみまわれた。

本棚が倒れ、時計が落ちて壊れた。
心まで大きく揺さぶられながら、愛猫kanzoeを胸に抱き、施術台の下で息を詰めてやり過ごした。

盛土地盤に建てられた長屋造りの賃貸住宅
東端の我が家の部分は、地盤が下がり 玄関が開かなくなった。
南北のサッシは歪み、隙間があいて鍵すらかからなくなった。
繰り返す余震に、勝手に窓が開き、壁に亀裂が走った。

もう安心して暮らせない…。
移転を決意した。

6月1〜5日、小さい軽自動車が大きく活躍、10往復をして
ようやく殆どの荷物を新居に運び込んだ。
最後は友人に借りた軽トラと2t車の引越し便。

人もネコも物もすべてが、新しい出発のゲートに収まった。

一週間後の 6月12日(日)には、震災復興支援のイベントに参加する。
「おはなしの庵」「クイックマッサージ」「浅間太鼓」
無謀にも、3つの顔で臨む。準備も時間に追われて、部屋の片付けが捗らない。

そんな中、震災の数日前から体調が優れなかった愛猫kanzoe、
いよいよ足腰が立たなくなった。

移転を決めてから日に日に衰えていくのを見ながら、引越しまで生きられないだろう。。。そう思っていた。
もてる感覚のすべてを澄まし、コミュニケーションを試みた。

やはり、最期の時が近づいている、と言う。
「また次に出逢う準備をしに逝く…」と言う。

覚悟を決めた。
引き止めたい心も伝えて、許しを乞うた。

移転した日の夕方、キャリーバッグから出すと、すぐに水を飲んだ。
以前の家にいた時より、食もすすんだ。
…生命力。。。kanzoeの存在が輝いて感じた。

移転二日目、一部改修のため、大工さんが入って工事があった。
人見知りのkanzoeは、慣れない家で不安だったろう。
私は仕事が休めず、kanzoeに留守番をさせたのだ。
午後、帰宅すると 甘えた声で鳴き、カツオ節をまぶした缶詰を少し口にした。
その夜から、また食べなくなった。

移転三日目の朝、水を飲もうと立ち上がり、反対側に倒れた。
もう足腰が立たない…体重は2キロを下回っていた。
午前だけの仕事。お昼に すぐ帰ってくるからね…待っててね…
後ろ髪ひかれながら出勤。 昼に帰宅して、玄関を開けると
目が合った。帰宅を待って玄関をじーっと見つめていた。
「ただいま、kan。。」痩せた背中をさすった……
              ………冷たくなっていた。
抱き上げると、すでに数時間立っているらしい硬直。
待っててね、そう言ったのに。旅立つ時は見送るから、って言ったのに。
反対に 仕事に行く私を見送って、独りで逝ってしまったんだ。

最後の最後まで、私を見つめて生きたkanzoe。

イベントの準備が大詰めになる前に、ひっそりと息を引き取った。

その日の夕方、実家の庭のモチの木の根元に ちいさなお墓を作った。
kanzoeの最後の引越し。
強い子だった。健気な子だった。甘えん坊で我がままだった。
そして、いつも私を心配していた……。
モチの木の幹に触れ、梢を見上げてお願いした。
「kanの体を地球にお返しします。よろしくお願いします。」

kanの今世は終った。
でも、次の準備のまえに、まだ私のそばにいるらしい。
まだまだ、心配なのだそうだ。
うんと心配して。そして守って。

kanも心配してくれた、6・12イベントが無事終了した。
『葉っぱのフレディ』を読んだ。
『きつねのおきゃくさま』を読んだ。
『100万回生きたねこ』を読んだ。
胸にこみ上げる思い。。。でも、涙は流れず、声も曇ることはなかった。
「別れの寂しさ」より「過ごした日々の幸せ」の方が大きいんだよ!
って、 kanの声が空に響いていたんだ。

kanとの暮らしは終った。
kanが心の中に生きる日々が始まった。

まいにち色んなことが終わり
おんなじ数だけ新しいことが始まっている。
すべて、大きな大きな流れの中に。。

これからも幾多の「終わり」に涙することだろう。

けれど、そこに輝く「始まり」が必ずあることを
kanzoeは、この心に囁き続けてくれるんだ。

fb用アイコン.jpg
posted by amico at 02:25| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月13日

くろちび

某マンションの扉付きのゴミ置き場の中に幽閉されて(捨てられて)いたという

「くろちび(仮称)」

SN3N0075.jpg


母を求めて叫び続けたのだろう その声は、

とても仔猫の響きではない

板をこするような、濁音。


しかしその響きは、心ある人に届き、救い出された。

今、私の実家で新しい家族との出逢いを待っている。


とにかく、ガンコ。

イヤなことには とことん抵抗する。

ミルクの温度から、抱かれ方まで。

このあたりも、命がけであがいた証なのかもしれない。


日々いのちがけ。

私も見習うところが多そうだ。
posted by amico at 13:38| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月06日

盟友〜Kanzoe(猫) その2

あれから14年。。。
今では私もすっかり一児の母、タバコは卒業して数年たち、お酒も晩酌少々ていど。
いっちょまえに(?)人さまの心と体のお役に立とうという仕事すら始めている。。。

転職したり、嫁いだり、出産したり、離婚したり、その度に引っ越したり よくついて生きてきてくれた。
かんぞぇの引越しは なんと7回!! ネコ族のキャパを超えてないか?!
それでも、いままで病気ひとつしないで、本当に芯の強い子だ。

その かんぞぇ(14才)が、突然 ご飯を食べなくなった。
大好きなマグロをすり身にしても、盗んでまで食べた鳥肉ですら匂いも嗅がない。
水ばかり、ただ水ばかり。。。
SN390520.jpg
ネコ族は、体調が回復するまでジッとしてる。と聞いて育った。
かんぞぇの自己治癒力を信じよう。

……始めたばかりのアニマルコミュニケーション。
かんぞぇの心に問うてみても「だいじょうぶだから…」ただそれだけ。
なんど問うても「だいじょうぶだから…」

4日待った。やせ細っていく。目ヂカラがない。。。

      ……限界!! もう待てない!!

病院へ連れて行った。
診察台に乗せても抗うこともない。私の腕に寄りかかったまま。
  採血 → 黄疸がみられる
  白血球 28500/μL
  アンモニア 209μg/dL
  腹水
  腸内ガス過多
(シロウトには良くわからない。。)
 ・胆管肝炎
 ・肝リピドーシス
 ・猫コロナウィルス感染症  などが疑われる。
これ以上絶食が続くと、膵炎発症。。。甲状腺機能亢進症。。などなど
医師からのいろいろな言葉がアタマの中を特急で通過していった。

  医師「入院させたほうがいいですね」

  えっ? 一緒に帰れないの??……まっしろになった。

最低3日間は、病院で栄養補給。
たったの3日間が、一緒に過ごしてきた14年間と同じくらいの長さに感じる。

その夜、息子と相談した。息子は かんぞぇを「Kanネェちゃん」と呼ぶ。
「ただ心配ばかりしてると、Kanネェちゃんも気にしちゃうね。」
「じゃ私たちは、いつも通りやれる事を一生懸命やろう。」
「それがKanネェちゃんへの応援だね。」

地域のイベントで、息子は保育園の仲間たちと手話で歌を歌った。『エール』。そのままKanネェちゃんへのエールになった。
私は太鼓を叩いた。叩きながら、強く強くかんぞぇの元気を祈った。

  まだまだ、一緒に過ごしたい時間がたくさん待ってるよ、かんぞぇ!!
  元気で帰っておいで!!
posted by amico at 17:08| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。