2012年06月16日

チャリティー企画 第二弾「*:..。o0 けん玉と絵本の午後 0o。..:*」

先月の 「投げ銭 朗読会 〜in Bar夢祭」

福島の子どもたちを支援するチャリティー企画 第一弾。

おかげさまで、たくさんの方々からのご芳志

金17,436円の投げ銭募金を お預かりいたしました。

まことに ありがとうございました!

これに加えて、第二弾!

剣玉道 五段伝道師(けん玉おじさん)とのコラボ企画

「*:..。o0 けん玉と絵本の午後 0o。..:*」

まもなく 6月23日に開催します!

今回は 子どもから大人まで“童心”で めいっぱい遊びたい・・・という思いで

けん玉チャレンジ! と 絵本の読み語り(朗読)の二本立て♪♪

場所も 大人も子どもも大好き「鉄道模型がはしるお店〜ぽっぽ屋」さんです♪

120606_1709~01.jpg

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



〜けん玉おじさんのショータイム〜
〜みんなで遊ぼう!けん玉チャレンジ!!〜
地元が生んだ けん玉名人 田上文晶 が魅せる! 教える!楽しい時間。
スゴ技も、見るだけじゃもったいない!マスターしちゃおう♪

『希繋−kizuna−プロジェクト』展示販売〜
三陸の被災漁師 佐々木公哉さんの「第十八みさご丸」新生・再出漁 の 記念特価販売です。
この売上げは、岩手県『田野畑村漁船漁業研究所』への義援金になります!

〜ココロで聴く物語〜 
作品は、「絵本 銀河鉄道の夜」他一編をご用意して
アマチュア朗読家 みつはしあゆみ がお贈りします。

  ◇海老名 『ぽっぽ屋』にて
  ◇6月23日(土) 14:00〜15:30
  ◇参加費:入場は無料です。※募金(投げ銭)にご協力を!
  ※お店は いつもどおり営業中です。各自ご負担でご飲食をオーダーの上 お楽しみください。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

『移動保育プロジェクト「ポッケア」』

被曝の脅威に晒されている 子どもたちと親御さんたちと
その未来を見つめての地道な活動です。


このチャリティー企画による『投げ銭』の収益は 全額 「ポッケア」への支援金にさせていただきます。




いつも、みなさまの 温かいお気持に支えられて おはなし読ませていただいています。
ありがとうございます。。。。。
              みつはしあゆみ
posted by amico at 01:12| Comment(0) | TrackBack(0) | ボランティア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月02日

チャリティー企画「投げ銭 朗読会」

今年3月をもって、半年間 続けてきたボランティア
「原発避難者の仮設住宅 訪問リラクゼーション」に 休止符 をうちました。
この半年間、たくさんの方々からエールを頂いて続けてこられました。
ありがとうございます。。。。
単独での活動は しばらく休止します(終止符、には したくないのです)が
この間 精神的サポートをくださった方々へ 支援のお返しを…
そして、「今できるカタチ」で支援活動への参加をしてゆきたい…。 

というわけで・・・!

みなさん、『移動保育プロジェクト「ポッケア」』
ご存知ですか?

私も2月に一度、その活動にご一緒させていただきました。
被曝の脅威に晒されている 子どもたちと親御さんたちと
その未来を見つめての地道な活動です。

このグループへの支援のため
【投げ銭 朗読会】
を催します。
投げ銭の収益は 全額 「ポッケア」への支援金にさせていただきます。

〜ココロで聴く物語〜 
作品は、いのち輝く物語(絵本)二編をご用意して
アマチュア朗読家 みつはしあゆみ がお贈りします。

  ◇本厚木 『Bar 夢祭』にて
  ◇5月12日(土) 20:00〜
  ※お店は 通常の営業時間内のため、飲食などオーダー頂いてご自由にお楽しみください。

いつも、みなさまの 温かいお気持に支えられて おはなし読ませていただいています。
ありがとうございます。。。。。
              みつはしあゆみ
posted by amico at 17:03| Comment(2) | TrackBack(0) | ボランティア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月07日

大地と森の声 〜不動尻・・・厚木市〜

昨日、ひさしぶりに野山に分け入って

ココロの耳を静かに澄ましてみました。


このところ、すこし考えることがあって

リアルな音声しか聴かないようになっていました。


ひさしぶりに、体の奥深くでチューニング。

繋がるかどうか、不安もあったのですが・・・


・・・でも、大地も木々も岩も草花も

ちゃんと、こたえてくれました。



__ゆれ動くのは 自然なこと。

__風にそよぎ 陽ざしに寄せられる

__陽のあたらないところにも 生きている

__そんな いのちも また 輝いているのが

__見えますか?  感じますね、あなたは。


__雨に濡れ 浸食され 朽ちて 溶けて 還る。

__大きな輪のなかにいる そんな喜び


__抗わないで ここに在る 喜び。


__倒れた木を 哀れむのではなく

__煌めく苔たちのように 祝福でつつんでください。

__崩れた大地を 恐れるのではなく

__見守る岩のように 敬意をささげてください。


__あなたが ここで感じるものすべてから

__哀しみを手放して 喜びにかわりますよう。


__私たちは しあわせです。

__私たちは いつも 幸せです。





「言葉」におきかえると こんな感じ。


そんな あたり前のこと・・・そう思うでしょうか。

そう、あたりまえのことを、あらためて伝えてもらうほど

迷子みたいになってたんですね、きっと。


人間だもの いろんな「思惑」に ゆれうごきます。

自らの・・・他からの・・・ いろんな思惑に。

どうやって「ブレない芯」を鍛えたらいいだろう?


周りの 炎 のような人たちに 近づけなくて

追いつけなくて、 遠く遠く 離れていく

それが 怖くて、怯えて、ゆれ動いて・・・・そんな感じでした。


失うものはない・・・変化するだけ って 森は教えてくれようとしてる。

手放すことも 変化すること、こわくない・・・ って。

変化は 自然におこるもの 変わろうとしなくていい・・・ってことも。


まだ 冷たい水を浴びたような感覚がぬけきれてません。

ココロとカラダの、要らないものが 溶け出していく感じがします。


この地球の一員として ここに在る 喜びにつつまれた

野山でのひとときでした。


今日も最後まで読んでくださって ありがとうございます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。